Wild Nihongo!
として

として

として Japanese Grammar Lesson

Grammar Type: Phrase

Essential Meaning: In the capacity of / As

Construction: 

  • Noun + として
    • E.g. 先生せんせいとして [In the capacity of a teacher]

Notes:

  • として is a particle, and the noun that it modifies represents a role, capacity, or function in which someone or something in the sentence serves. として is equivalent to the English “As” or “In the capacity of”, depending on the context.
    • E.g. この部屋へや物置ものおきとして使つかっている。[I’m using using this room as a storeroom.]
    • E.g. 田中たなかさんはセールスマンとして採用さいようされた。[Tanaka-san was hired in the capacity of a salesman.]

Example Sentences:

田中たなかさんはセールスマンとして採用さいようされた。[Tanaka-san was hired in the capacity of a salesman.]

この部屋へや物置ものおきとして使つかっている。[I’m using using this room as a storeroom.]

わたし医者いしゃとしてあなたにいます。[I’m telling you this as a doctor.]

木村きむらさんとは友達ともだちとしてっているだけです。[I’m only seeing Kimura-san as a friend.]

WILD Examples:

Listen to this line from 1:29: もと二人ふたりのように友達ともだちとしてはじめから [In the capacity of two friends as we were before, From the beginning]
Listen to this line at 2:26: おんなとしてまれなかったならわかれこなかった、もしもわたしおとこまれていたら、むすばれた二人ふたり [If I hadn’t been born as a woman, we wouldn’t be parted. If I had been born as a man, the two of us would be united together]

***YouTube videos may be region-locked depending on your country of origin. If you experience issues, please try using a VPN set to a United States IP address.***